So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

退去前の大掃除と子供の予防注射のこと [日常生活]

日本に帰国してから、もうすぐ9ヶ月になります。このブログは自分にとってすっかり
過去のものになっていましたが、実はまだ書き残しがあったことをはたと思い出し、
今頃パソコンを立ち上げています。

書き残したこと。
それは退去前の、家の大掃除のことです。
引越しの荷造りが終わったら、家を明け渡す前に大掃除をして、最後に管理人さん
にチェックをしてもらうのですが、掃除が行き届いていない場合はその分の費用を
保証金から引かれてしまうのです。
チェックポイントについては、あらかじめリストをいただいていたのですが、
なにしろ古いとはいえ5LDKの家ですから、それはそれは大変でした。

でも管理人さんがとっても世話好きな良い方で、いろいろ便利グッズを教えて下さって
とても助かったので、これから帰国準備に取りかかるという方にご紹介したいと思います。

まず最初はこれ。ペンキの壁にあいた押しピンの穴の補修剤です。
213.JPG

これはデイビスのACEで買ってきたものですが、確か3、4ドルくらいだったと思います。
使い方はとても簡単。つまよう枝などでこれを少し壁のピン穴にのせて、手で表面を
ならせば、穴は目立たなくなります。でも色のバリエーションがあるのかどうかは不明
です。ちなみにうちは白い壁でした。

次は水まわりの水じみ?とでもいうんでしょうか、白くなった部分をピカピカにするための洗剤です。
デイビスの水は硬水なので、台所や風呂の蛇口の周りに白いしみ(カルシウムの沈着?)
が出来るのですが、これを使うと結構きれいになります。
212.JPG

最後はこれ。油で汚れたオーブンの中を一発できれいにしてくれるという、管理人さん
一押しのものです。
211.JPG

我が家のオーブンはアメリカで一般的な、小さい子どもなら入れちゃうんじゃないの?
と思うくらいの大型のものでしたが、結構きれいに掃除をしていたので、この洗剤を勧められ
ても「これ以上そんなに汚れなんて落ちないんじゃないの~」と、内心思ってました。でも
管理人さんの「ぎょっとするくらい汚れが落ちるから!」という強い勧めで試したところ、
本当にぎょっ!どころか、げっ!というくらい、油汚れが浮いたのですよ。

使い方はオーブン内にこれをシューッと吹き付けて、何分だか置いてから、汚れをふき取る
というものなのですが、オーブンを開けてみると茶色い油汚れがギトギトと浮き上がっていました。
まあ肉とか良く焼いてましたからね。
日本にもこんな洗剤あるのかな。うちの日本サイズのオーブンレンジを掃除したいです。

あと、家具のツヤ出し用の薬品(furniture polish とか書いてあります)で、掃除をしたあとの
蛇口などを磨くと、すごくピカピカになります。
管理人さんがお掃除専門の業者さんから教えてもらった裏技だそうです。でも退去前の
おおそうじにここまでこだわる必要はないので、家にあるわ~という方だけ、お試しください。

ここに挙げた洗剤以外にも、類似商品はきっとたくさんあると思うので、探してみてくださいね。

デイビスのこと、アメリカのこと、思い出すと本当に懐かしいです。
でも最後はしんみりする暇もないくらい大変でしたね(笑)。帰国前のリビングは moving sale に
出す家具でいっぱい。写真ではきれいに見えるけど、古いものや壊れてるものもたくさんありました。
でもほとんど売れて、残ったものは管理人さんに寄付してもらいました。
052.JPG
046.JPG

下の写真は、アメリカ滞在中にスリフトショップ巡りで集めたアンティーク食器の数々。
荷造りのために並べてみたら、こんなにあって我ながらびっくり。主人の視線が
痛かった~(^^!)。根性で日本に持って帰ってきましたが、食器棚に入りきらず、
半分は押入行きとなりました。とほほ。でも普段使いの食器として重宝しています。

スリフトショップのがらくたの中から、日本で買うと何千円もするファイヤーキングや
オールドパイレックスを、数ドル、時にはタダ同然の値段で発見したときには、
本当にわくわくしました。ホントにかわいいんですよ~。
でも戦利品の値段を、ついつい日本のサイトでお値段チェックをしてしまう自分の
欲深~い一面も発見してしまったのでした。
058.JPG
家具類は管理人さんの手助けで、大学掲示板やクレイグリストで売りに
出したので、本当に大変でしたが、おかげ様で日本人向けに売るよりも倍以上の
値段で売ることができました。

そういえばアメリカでトヨタが大変ですよね。実は私達もアメリカではカローラ
乗っていて、アメリカ人に売ってきたので、この騒ぎが私達の滞在中でなくて良かった
と、つくづく思いました。
でもアメリカでトヨタの車は本当にたくさん走っていたし、我が家のカローラも中古でしたが
故障もなく、良く走ってくれました。この騒ぎが早く落ち着くといいなと思います。

あっ、最後に大事な事を一つ忘れていました。
これからデイビスにお子さん連れで来る方は、プレスクールや小学校に入る
ために、必ず何本もの予防注射を打たなければなりませんが、ここで安く打つ事が出来ます。

DAVIS COMMUNITY CLINIC
2040 Sutter Place
Davis, California 95616
(530) 758-2060

サイトは下記で見れます
http://www.communicarehc.org/View_webpage.asp?Title=Davis

小学校で教えてもらった、移民など低所得者向けのクリニックですが、うちは子ども二人で
7~8本打って数十ドルだった記憶があります。友人Aさんは保険会社で紹介された普通
の病院で同じくらい打って、700ドル以上かかったと泣いてました。

予防注射と言えば、渡米前にせっせと横浜の山下公園近くの某クリニックに子ども
二人を連れて何度も通い、数万円かけて予防注射を打っていったのに、結局
日本では打てないものがあったり、日本のものでは薬液量が足りないなどの理由で、
何本も追加接種となりました。こんなことなら、全部アメリカで打てばよかったと
つくづく思いました。

さて、このブログもいよいよこれで最後にするつもりです。
幸い今は仕事に子育てにと毎日が大忙しで、帰国直後の「アメリカ恋しい病」からは、
すっかり立ち直っています。アメリカで3キロも増えてしまった体重を落とすべく、ジム通い
も再開しました。
アメリカ生活という大きなイベントが終わってしまって、なんだかつまんない気もしますが、
また新しい楽しみを見つけて、前に進んでいこうと思います。そしていつかまた、デイビスを
訪れてみたいと思います。

今までブログを読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。そしてこれから
デイビスやカリフォルニアに来られる皆さんに、このブログが少しでもお役に立てることを
願っています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シアトル、カナダ方面への旅⑤(Olympic N.P.とRedwood N.P.) [旅行]

もうこの旅行記も⑤まで来ると、必死で記憶を呼び覚ましながら
書いてます。でも途中止めにするわけにもいかないですからね。
本当にざっとしか書けないので、これからこの方面に旅行される方には、
大して参考にならないかもしれません・・・。

さて、フェリーでアメリカ側の港町 Port Angeles に着いてみると・・・、
やっぱりど~んよりと曇ってました(泣)。
さすがワシントン州。前評判どおりです。

次の目的地オリンピック国立公園はもう目と鼻の先だったので、見所の
一つ Hurricane Ridge だけは、この日見たのですが、山の上は晴れてました。
下はすごい霧だったんですけどね。期待してなかっただけに、嬉しかった
です(^^)。

この日はPort Angeles に一泊して、翌日公園の西側へ行ってきました。
ここの森の中はこんな感じで、ちょっと変わってます。分かりますか?
tree.JPG
どこもかしこもコケで覆われてるって感じで、シダ類もめちゃくちゃ大きいです。
うっそうとしてます。
sannpo.JPG
これはカエデの木。
kaede.JPG
おっ、長い木だな~。
nagaiki.JPG
と、思ったら、まだまだ続きがありました。すごーい。
koremoda.JPG

この公園は、年間降水量がものすごいんだそうです。水が豊富なので、
木は水を求めて深い根をはる必要がなく、倒れてしまうらしいです。
大きい木がたくさん倒れていました。

さてひとしきり散策を楽しんだ後、海岸の方へも行ってみたんですが、
すごい流木です。
ryuuboku.JPG
風は冷たいし、空は灰色だし、私の頭の中にはなぜか「津軽海峡冬景色」が・・・。
まっ、そんな雰囲気のところだと想像してください。

この公園は確か世界遺産に登録されているんですが、他の国立公園に
比べると、ちょっとインパクトが弱かったかな。でもヨセミテのように人が溢れていない
ので、静かに自然を楽しみたい方には良いかもしれません。

この後は州都Olympiaの近くで一泊してPortlandにも寄り道して(友人のオススメ
通り、なかなか良い街でした)、Newport から海に出て、海岸沿いに南下していきました。

でもこのルートは、ちょっと期待はずれだったかな~。
ワシントン州もオレゴン州も、アトラスの地図ではずっと海岸にシーニックルートの
印が付いてるんですが、肝心の海があんまり見えな~い!
そう、カリフォルニアと違って、木がとっても多いんです。

こんな風に時々視界がひらけるんですが、
kaigann.JPG
やっぱり道と海の間に木が多くて、海はちらほら。カリフォルニアの海岸ドライブ
イメージしていただけに、ちょっとがっかりしてしまいました。

でもオレゴン州の海岸沿いにはこんなサンドデューンがところどころにあって、これは
ちょっとめずらしくて良かったです。ただ一箇所見れば十分かな。
sakyuu.JPG
でも8月だというのに、すごく寒かったです。ここは北国なんですね。

これは海岸沿いを走っていると、時々見かける津波注意の看板。TSUNAMI は
国際語なんですね。
tunami.JPG

その後も、ひたすらひたすら南下しました。朝 Newport を出発してレッドウッド国立
公園に着いたときには、もう夕方でした。
公園から見た夕日です。この向こうに日本があるんだな~って思ってました。
アメリカで海に沈む夕日を見たのは、これで何度目かな。
yuuhi.JPG

この日は公園外のモーテルに泊まって、翌日公園内を歩きました。
やっぱりおっきい。これがレッドウッドです。
dekkaiki.JPG

でもセコイア国立公園その他でたくさん大きな木を見てきたので、ちょっと感動が
少なくなってます。渡米半年までが、一番感動することが多かったな~。

いよいよ旅行も終わりに近づき、海岸沿いに南へ向かいましたが、Eureka あたりで
これです。霧がかかってます。
kiri.JPG
そういえばレッドウッドでも、場所によってはこんな感じで霧がたまってたっけ。
kitoumi.JPG

サンフランシスコ近辺と同じように、走れども走れども景色が見えず・・・。

仕方なく途中で海岸ドライブは諦めて、ショートカットしてデイビスを目指して
帰りました。
でも、ちょっと海から離れると、とたんにカリフォルニア特有の青空が
広がってたんですよね。
やっぱり地形によって、霧がたまりやすいところがあるんでしょうね、きっと。

旅行記もこれだけ時間が経って、それも⑤ともなると、行ったところの
羅列って感じですね。すみません。
とりあえず、これで今回の旅行は終わりです。
もっと詳しく知りたい方は、どうぞコメントで御質問ください。ときどきブログ
チェックだけはしてますので。

あ~帰国して、早二ヶ月。新しい仕事も始まるし、すっかり日本の生活に戻って
るんだけど、やっぱりテレビでアメリカが映ったりすると、たまらなく懐かしい
です。家族みんなで、あいかわらずホームシック気味。

気軽に旅行できて、ほんとに良かったなあ。お金ためて、また行くぞー!

シアトル、カナダ方面への旅④(Vancouver and Victoria) [旅行]

記憶を呼び覚ましながら書いている、この旅行記。
やっと書き上げた④番が、消えてしまいました・・・(T T )。
一時間半もかかったのに~。あとはアップロードするだけだったのに~。

しばらく立ち直れませんでした・・・。

飛ばすわけにはいかないので、書き直しますが、きっと縮小版に
なることでしょう・・・。

さて、バンクーバーについたのは夕方近かったのですが、車を
停めて海沿いを歩いてみました。
mizube.JPG
向かいに見えるnorth vancouver は後ろに山が迫っていて、なんだか
神戸の町みたいに見えました。
海と反対側には、こんな高層マンションが立ち並んでます。いくらぐらいするんだろ~。
めちゃくちゃ高そうです。
mannsyonn.JPG
日本だと横浜のみなとみらいとか、東京のお台場近辺みたいな雰囲気
のとこでしたね。
そういえば車を停めるときメーターに入れるコインがなくて(今回両替は全くせず。
なんでもカードでいけるんですもん)、試しにアメリカのクウォーター(25セント)を
入れてみたら、普通に使えました。ほぉ~。重さが同じなのかな。

この日はNorth vancouver のモーテルに泊まって、翌日市内をざっと車で
走りましたが、あいにくの雨。ほんとに今回の旅行は青空がな~い。
カリフォルニアじゃ考えられません。晴れてたらレンタサイクルで市内を
回ってみたかったなあ。
これは雨が止んだ時の、バンクーバーの様子。ダウンタウンはこんな感じです。
biru.JPG
ビルがいっぱいです。でも中心地は街が新しくて、なんだか東京と変わんなかったです。
新しいとこは、どこも似てしまいますねえ。

お天気も良くないので、仕方なく次の目的地ビクトリアを目指すことにしました。
本当は来た道でアメリカに戻ろうと思ってたんですが、予定を変更して州都ビクトリアを
経由して、フェリーでアメリカに戻ることにしました。同じ道を走るのもなんだか
つまんないですもんね。

ビクトリアはバンクーバー島という島にあるので、フェリーで島に渡らなければ
いけません。
ところがHorseshoe bay のフェリー乗り場に近づくと、なぜか大渋滞に。
車が止まってしまいました。
katijikann.JPG
どうやらフェリー渋滞のようです。後で分かったのですが、日本と違って道路が
そのままフェリーの待ちスペースになってました。
早く言ってよ~。しほが「おしっこ我慢できな~い!」って叫ぶから、ほんと
焦りました。係りの人に聞かないと、いつフェリーに乗れるか分からなかったし、
トイレもないし、このシステムはいまいちじゃないかなぁ。まっ、予約しとけば
よかったんでしょうけどね。でも、いつも行き当たりばったりですもん。

それでもHorseshoe bay から Nanaimo 行きのフェリーは多いので、なんとか
船には乗れました。
これは船内で食べた焼きそばと、なぜかアボカドの入ってないカリフォルニア
ロール。すしロールは間違いなく、日本を代表する食べ物の一つでしょうね。
umai.JPG

さてNanaimo に無事到着してビクトリアへ行く途中、アメリカで良く見るスーパー、
safeway に寄りました。
safeway canada.JPG
カナダはスーパーもファーストフード店もモーテルもアメリカと同じものが多くて、
アンディいわく「アメリカの従弟のような国」。でも、ここで見た牛乳はちよっと違った!
rittoru.JPG
普通のガロンボトルと思いきや、4リットル入り。そう、カナダはガロンじゃなくて、
日本と同じリットル表示。なんちゃってガロンボトルでした(笑)。でもでかい。

この日はビクトリアに一泊して、翌朝一番にアメリカ行きのフェリー乗り場に行き
ました。
fweri.JPG
空きがあれば、早く車を停めておけば予約なしでもフェリーに車で乗れるんだそう
です。私達は朝8時までに来て車を停めておけば、3時半の便に乗れると前日に
言われていたので、その通りにしました。

さてフェリーが出発するまでの、半日のビクトリア観光です。ここは州議事堂。
gijidou.JPG
ここはエンプレスホテル。議事堂と並んで、ビクトリアのシンボル的な建物
なんだそう。
hotel.JPG
フェリー乗り場はダウンタウンに近くて、とても便利でした。街自体もコンパクト
で、古い建物も多く、「カナダに来た!」って感じが味わえました。議事堂の隣の
博物館でやってた大英博物展も見て、なかなか楽しめました。
ビクトリアってあんまりよく知らなかったけど、バンクーバーより私は好きかも
しれません。でも一日あれば、大体見て回れるかな。

さて半日観光を満喫して、いよいよアメリカへ向けて出発です。フェリーの甲板から
下を見ると、ポリスがたくさんいました。これからまた、国境を越えるんですもんねえ。
police.JPG

晴れた日にはバンクーバーから、オリンピック国立公園の山々が見えるほど、
近いアメリカ。フェリーの旅は90分で終わってしまいました。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シアトル、カナダ方面への旅③(Seattle and Canada) [旅行]

三泊目と四泊目はシアトル近郊に住む友人、アンディの御両親の家にお世話に
なりました。アンディとは日本にいたときからのお付き合いで、妹さんとうちに泊まりに
来てくれたこともあります。

みんなで近所を散歩したりおしゃべりしたり、のんびり過ごせました。
御両親と妹さん二人と、いい家族だったな。

滞在中一日は、アンディの案内でシアトルに行ってきました。さすが大きい街です。
siatoru.JPG
ここは地下鉄ならぬ地下バス乗り場。おもしろいですねえ。
tikabasu.JPG
市場にも案内してもらいました。観光客でとても賑わってましたよ。
pubric.JPG
さすが港町。魚介類がおいしそ~。
oisisou.JPG
子供たちは目がくぎづけ。
suki.JPG
ここシアトルはスターバックス発祥の地。ここは一号店。
今の店舗とちょっと雰囲気が違いますね。
sutaba.JPG
お昼はクラムチャウダーの有名店へ。4種類の味が楽しめるセット
とってもおいしかったです。
tyauda.JPG
さて、今回の目的のひとつがアンダーグラウンドツアーに参加することでした。
実は今のシアトル市街は100年以上前の古い町の上に作られていて、昔の街を
ツアーで見学できるんです。ここがツアーの集合場所です。
under.JPG
ガイドさんの説明の後、街へ出ていきます。入り口はこんな感じ。
あちこちにあるんですよ。
iriguti.JPG
地下はくら~くてかび臭くて、正直あんまり気持ちのいいもんじゃありません。
だって昔のままですからね。
tika.JPG
アンディはガイドさんがユーモアたっぷりで良かったと言ってましたが、
早すぎて私達には難しかったです。おまけにうちは、みんなアレルギー体質。
息苦しかったです。ちょっと一時間半は長かったかな。

それにしてもシアトルは、というかワシントン州は聞いていたとおり、どんより
してました。シアトルの雰囲気はサンフランシスコと似てましたね。でも毎日続く
曇り空に、カリフォルニアがちょっと恋しくなってしまいました。

私はやっぱり、抜けるような青空が好きかな。

さて、明日はいよいよカナダへ向けて出発です。I-50を北上すると、そのまま道は
カナダへつながっています。道路標識にもバンクーバーの文字が。
kanadada.JPG

シアトルから二時間ちょっとぐらいだったかな。国境に到着しました。メキシコへ行った
ときは歩いて国境超えだったので、車で国境を通るのは今回が初めてです。
ちょっとドキドキ。雰囲気的には料金所みたいです。
border.JPG
ここを通過したら車を停めて、今度は建物の中で書類チェックを受けます。
写真は撮っていいかどうか分からなかったので、撮ってません。(←小心者)
国旗がカナダだ~。
kokki.JPG
無事通過してバンクーバを目指しましたが、のどかな景色はアメリカと全く変わらず。
まっ、当たり前ですけど。
kesiki.JPG
さて、高速から一般道に変わる頃には、住宅街になって車も増えていました。
なんだか道が狭いぞ~。
semai.JPG
国によって道路の幅って決まってるんでしょうね、きっと。主人が運転しながら
「なんか日本みたいや~、運転しにくいぞ」って、ぼやいてました。
路駐の車に邪魔されて車線変更しないといけないなんて、アメリカではありえませんでした。
左折するときも大抵専用レーンがあったし、走行車線と駐車スペースは完全に分かれていて、
アメリカの道路は、本当に走りやすかったです。
カナダに来てみて、いかにアメリカの道路が上手く作られているかということを
実感しました。そういえばアメリカでは見たことのない小型車も、ここでは走って
ました。カナダだってアメリカ並みに土地はありそうなんですけどねえ。なぜか道路
事情は日本的でした。不思議だ。

そうこうするうちに、バンクーバーのダウンタウンに到着しましたが、長くなりそうなので、
とりあえず次にします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シアトル、カナダ方面への旅②(Mt.Painier n.p.) [旅行]

さてColumbia River を離れた私達が次に向かったのは、Mt. Rainier n.p.。
今回二つ目の国立公園です。本当はMt. Helens にも行きたかったのですが、
日程的に苦しかったので諦めました。
Columbia River を渡るとそこはもうワシントン州です。
国立公園に入るとこんな風景が見えました。氷河地形です。岩はないけど
ヨセミテとそっくりです。
hyougatikei.JPG
でも、やっぱりお天気がいまいちでした。雨こそ降っていなかったけれど、
山頂は厚い雲に覆われていて見えません。でも、ワシントン州ではこの天気は
むしろ普通で、この時期見えない方が多いのだとか。
miezu.JPG
本当はこんな風に見えるのだそうです。
mieruhazu.JPG
でもせっかく来たので、短いトレイルを歩いてみました。ここは氷河が近くに
見れるトレイルがあります。これが予想外に良かった!
一面花畑で~す。
red.JPG
rupinasu.JPG
山の上も一面のお花畑!「口笛はなぜ~♪」と、ついハイジのテーマを
口ずさんでしまいました。
kirei.JPG
氷河はちっちゃくて、あれっ?って感じでしたが、下の方だし仕方ないですね。
grasher.JPG

山が見えたら本当はもっと良かったんだろうけど、残念。
でも花が本当にすばらしかったので、お天気が多少悪くても、行かれる方は
トレイルを歩くことをおすすめします。感動しますよー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シアトル、カナダ方面への旅①(Crater Lake と Columbia River ) [旅行]

8月8日から18日まで、シアトル、カナダ方面へ旅行してきました。
これがアメリカでの最後の旅行です。
っていっても、もう一ヶ月も前の話・・・。
記憶がちょっと曖昧で申しわけないんですが、せっかくなので
記録しておきます。これからこちらの方面へ行かれる方の参考にも
なると良いのですが。

初日は我が家にはめずらしく、朝9時過ぎてからの遅い出発です。
(明るいうちは、とことん活動するのが我が家のモットー)
ひたすら5号を北上しました。目指すはオレゴン州にある Crater Lake
National park.
到着したときには、もう夕方でした。
lake.JPG
お天気がね~いまいちだったんですよね。でもきれいでした。
ここは名前の通り、クレーター。噴火口なんです。だからぽっかりと山の上にある
んですね。結構寒かったです。

ただこれだけでした。5号をそれてここだけを見て、また5号に戻りました。
ちょっと物足りない感じがしないこともない・・・かな?

初日はこれで終了。宿泊は5号沿いの町 Oakland のモーテルで。
ちょっと変わった建物でしょ?
loge.JPG
初めてアメリカに来た頃は、旅行しても宿は予約していないと不安でした。
一年経った今は、予約どころか計画もほとんど立てず(笑)。
大体のルートだけ決めて、あとは行き当たりばったりの旅行が出来るように
なりました。
全国チェーンのモーテルも安心感があっていいけど、個人経営のモーテルは
個性があります。
ここは確か60ドルちょっとで、古いけど中はいい感じで、ロフトがありました。

翌日はオレゴン州の州都 Salem と主人の友人が昨年まで留学していた Corvallis
をチラッと見てColumbia River へ向かいました。
おっと、その前に私のお目当ての町 Woodburn にも寄りました。
ここにはアウトレットがあるんです。カリフォルニアにもアウトレットモールはたくさん
ありますが、ここオレゴン州は税金がかからないんです!
お目当てのコーチのバッグをゲットして、レシートを見ると料金は値札のまま。
ちょっと得した気分でした。

さてColumbia River 沿いは、主人の友人オススメの場所だったんですが、良かったです。
川だからって、ばかに出来ません。見よ、この広さ!
river.JPG
すごくいい眺めでした。南側には滝もたくさんあって、気持ちのいいドライブルートでした。
やっぱり住んでた人の意見って聞くものですねぇ。
翌日は川の北側を走りましたが、こんな感じ。
drive.JPG
Mt.Hood もばっちり見えました。オレゴン州で一番高い山だそうです。
mt hood.JPG

この日は川沿いの町 Hood River に泊まりましたが、宿泊費が高かった~。
(といっても4人で、日本円にして一万円ぐらいで泊まれましたが)
飛び込みで宿を探す欠点は、そこが観光地かどうか、地元人じゃないから良く分からない
点でしょうか。Hood River は観光地価格でした。

さて、今回初めてオレゴン州に来ましたが、ここにはなんとセルフのガソリンスタンド
がないんです。全米でも数州だけだそうです。写真撮ればよかったな。

それと~、私オレゴン州のハイウェイで、生まれて初めてポリスにつかまってしまいました。
えっ?私?なんで~!?って感じですよー。
(いつもならともかく)この時は絶対スピード出してなかったはず。ポリスに訳を聞くと、
他の車から通報があったんですと。

信じられーん!どこのどいつだ!

私はスピード出してない!と(控えめに)反論して、口頭注意だけで済んだんですがね。
でもドキドキしました。
確かにオレゴン州に入ったとたん、みんなすごく制限速度を守るんですよ。

ドライバーの皆さん、オレゴン州の人は真面目ですよ~。車の運転にはくれぐれも
気をつけてくださいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

日本での生活 [日常生活]

ふとカレンダーを見ると、今日は17日。
日本に帰国してから、もう二週間以上が過ぎていました。

実家の母が電話で「早くブログを完成させてえよ~」(←岡山弁)
と言うので、やっと重い腰をあげました。
確かに母の言うとおり、人間の記憶なんてどんどん薄れていくものですね。
シアトル方面への旅行なんて、もう一ヶ月も前の話。日程がなかなか正確に
思い出せません。

私の記憶の中のデイビスはどんどん遠ざかっています。
なんだかずいぶん前に旅行に行っていた場所のような気さえ
します。
でも思い出そうとするとぶぁ~って色々なことが溢れてくるんです。

旅行したことよりも、デイビスのあの家で過ごした毎日の、
本当に些細なことが次々に頭に浮かんできて、正直ちょっとつらいです。
っていうか、切ないです。

二度と戻ることのない時を、こんなに惜しんだことは今までありません。
日本にいたときよりもずっとのんびり流れていた時間が、たまらなく
懐かしいです。

でもそんなことを言っていては前に進めないので、とりあえずブログの
続きに取り掛かることにしましょう。
まずは写真の整理から、とカメラの画像をパソコンに取り込んでいたら、
こんな写真が。
tarako.JPG

空港から家に向かう成田エクスプレスの車内販売で買ったおにぎり(笑)。
「日本のおにぎり食べた~い」と、子供たちが騒いで買った一品。

日本に戻ってきて、ちょっと悲しかったけど、やっぱり食べ物はおいしい~。
胃袋って、なんて正直なんでしょう。
自宅へ戻ってからも「コンビニおでん」にめちゃくちゃ感動し、市役所の帰り
には焼き魚定食に舌鼓。
デイビスにホームシックな私を救ってくれたのは、意外にも日本の食文化
なのでした。

でも人間の脳って不思議だな~と感じる今日この頃。
帰国前夜に、一年ぶりに取り出し日本円のコインを見て感じた、あの違和感。
よく知っているはずなのに、なんだか見慣れない奇妙な感じ。
「穴が空いてる」ことが新鮮でした。

成田空港に着いてからも、お店の看板が漢字交じりで
「なんだか中国みたい・・・」と思ってみたり、道を歩いていても
「わぁ~アジア人ばっかりだ」と、当たり前なことを思ってみたり。

スーパーで見る牛乳も、きゅうりも、お肉も、何もかもがちっちゃい。
カートもちっちゃい。店もちっちゃい。家の掃除機もなんだかおもちゃみたい。
アメリカに行ったばかりの頃に感じた違和感を、今度は日本で感じるなんて。
たった一年のことなのに。

車の運転もまだ怖くて一人で出来ません。十年乗った車なのに・・・。

アメリカで普通に口から出ていた英語(別にスラスラという意味じゃないですよ)が、
頭で一度考えないと出なくなっていることにも気づきました。

人間の脳って、つくづく環境に適応するように出来ているんですね。
一年かけて切り替わったスイッチが、バチバチと頭の中で戻っていってる
ような気がします。
タグ:日本 帰国
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あと一日 [日常生活]

一年暮らしたデイビスでの生活も、残りあと一日となりました。
この一ヶ月は本当に忙しかったので、なんだかまだ実感がわきません。

忙しい合間をぬってシアトル、カナダへ旅行し、その後は持ち物を売るので
大忙しでした。その合間をぬってダンボールに荷物を詰めて、一昨日無事、日本へ
送り、そして今日もまだそうじをしています。

私知りませんでした。アメリカではデポジットを返してもらうために、退去前に
大掃除をするんですね。あぁ~、ぎりぎりまで掃除だけはしたくなかったのに・・・。
ブラインドもはずして洗ったし、壁に空いた押しピンの穴まで補修しました。
あとは庭木を手入れして、管理人さんのチェックが待っています。

もっともっと書きたいことはたくさんあったのに・・・。
でもブログをきっかけに、こちらで知り合った人が4人もいるんです。びっくり!
出会いって不思議ですねえ。
もっと真面目に更新すればよかったな。(←今さら遅い)

自転車プリンターを買ってくださった0さん、お子さん達かわいいですねえ(^^)。
デイビスでの生活を楽しんでくださいね。
そして炊飯器をもらってくださったKさん。無事赤ちゃんが産まれたら、連絡してくださいね。

ともみもアリアナと何度も何度もハグしてバイバイしました。
しほも今日はソフィーのうちで最後のplaydateしてきました。明日はエレーナがさよなら
しに来てくれます。
私もケリーとさよならするときは、二人で泣いてしまいました。
クリステンとさよならするときも、きっとさみしいだろうな。
たくさんの出会いがあったからこそ、アメリカ生活が楽しめて、そして離れがたいのでしょうね。
アメリカを離れるのがこんなにさみしいなんて、一年前には想像出来ませんでした。
でも、きっとまた会おうねと、みんなと約束しました。
きっとまた会えると信じています。

日本に帰ったら子供たちはすぐ学校です。めちゃめちゃきついです。
主人はなんと豚インフルエンザの関係で、一週間自宅待機です。ちょびっと喜んでます。
(もうおじさんだから、年齢的に時差ぼけが辛いんですよね)。
あっという間に日常が戻ってくることでしょう。
なんだか長い旅行を終える気分です。
この一年は、私達家族にとって、本当に特別な一年でした。

日本に帰って落ち着いたら、書き損なったデイビス情報と旅行記録を書き足して、
そしてこのブログは終わりにしたいと思います。
とりあえずデイビスでの更新は、今日が最後です。

ここで出会った多くの皆さん、本当にありがとうございました。
またいつかお会いできる日を楽しみにしています。

本当に本当にありがとうございました。
さようなら。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんだかな~ [日常生活]

今朝、メールをチェックしようとパソコンを立ち上げたら
so-net ニュースのトップは”大原麗子さん、自宅で死亡”の記事でした。

のりピーは行方不明になっちゃうし(長男は無事保護されたんですね)、
矢田亜希子離婚するみたいだし、
マイケルジャクソンは死んじゃったし、
鈴木早智子はAVデビューしちゃうし、

なんだかな~。
こんなニュースばっかりだ。
こういうのはたまに一つ起こるから興味が沸くんであって、こんなに
一度に押し寄せてくると、見てるほうも疲れてしまいます。

別に芸能ニュースをチェックしてるわけでもないのに、私の耳に入ってくる
(あっ、私の場合は目か)ぐらいだから、日本ではワイドショーが賑やか
なんだろうな。


芸能人の私生活って、裏が見えすぎてしまうと、なんだか哀れです。
(こういうのを”痛い”って最近表現するけど、上手いなぁ。こちらの
心が痛くなるって感じです)

夢を与えてくれる存在で居続けて欲しかったな。
芸能人の華やかなイメージは、それ自体が彼らのお仕事の一部
というか、作られたものなのだと改めて思いました。

こんなニュースばっかりかいなぁ~とぼやいていると、”秋刀魚の
水揚げ、品質最高”のニュースが。
そうそう、ニュースはこうでなくちゃね。
日本に帰ったらおいしいサンマが食べれるぞー!

ちょっと気分が良くなりました。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰国するのも楽じゃない [日常生活]

それは、ある日いきなり始まりました。

そろそろ帰国準備も本格的に始めなきゃな~と、思ってはいたのですが、
ちょっと廊下の物入れを片付ける程度にとどまってました。

でも先週の金曜日に大学のSISS(大学関係者の売買掲示板みたいなもの)
に、売却予定の持ち物を数点載せたとたん、どーっとメールが来て、
嵐のような毎日が始まりました。

もっと詳しく書きたいのだけれど、まだやらなきゃいけないことが山のように
あるんです。週末からシアトルに行こうと思ってるのに、そんな場合じゃないかも~。

まあ毎日のようにお客さんが来て、売り物をチェックして、物が一つ売れると、
たとえ$1だろうと嬉しくて、こんなに忙しいのに物が片付いて行くことに、
ミョーな達成感があります。あるんだけど、でも、旅行の後、荷物を詰めて、
発送して、家のデポジットを返してもらうために大掃除をして、それから、それから・・・。

だめだ~、時間がないぞ~!

カレンダーをめくりながらちょっと焦り気味な私。でも、帰国前夜まで掃除を
してるなんて、それだけはなんとしても避けたい!(日本を経つ時がそうだった・・・)

あっ、クレイグリスト用の写真用意しなきゃ。
メールの返信もまだだった~!
まっ、こんなことやってる時点で、すでに現実逃避してるんですけどね。はぁ~。

アメリカを去る前は寂しいだろうな、なんて思ってたけど、大丈夫。
とてもじゃないけど、そんな暇ありませんでした。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。